向塾は自ら考え、行動する人にはとても素晴らしいメリットがある場所です。
ここでは向塾を上手く使ってどのようなことができるかをご紹介します。

学生の方へ

向塾はあなた自身で自分の生き方(より良い私生活や働き方など)を発見して進んでいくお手伝いをします。

出会う仲間を紹介します。交流の場を提供します。

初めての向塾。
「どうしたらいいのか?」「何をすればいいのか?」
不安と期待が交差することでしょう。日本でも例のない私塾に集う頼もしい仲間を紹介します。コミュニケーションを取ることが出来る場を活用して、相手を知り、自分も知ってもらいましょう。安心して交流できる場を向塾は提供しています。

交流社会人や他の学生たちと積極的に交流して、仲間になりましょう。

世の中には、いろいろな立場や役割を持った人がいます。学生時代は、まだまだ知らないことばかり。積極的に社会人や他の学生を交流して、仲間の輪を広げていきましょう。知らないことが多くあるなと感じられれば、その分だけ大きな成長へとつながっていきます。

参加社会を舞台にしたプロジェクトに参加したり、創ったりしましょう。

社会で必要なことは、社会で学ぶ。与えられた環境で行動するのではなく、視野を広げ、物事を判断して行動する中で、大きな力が身につきます。社会はどんなところ?そこは、生活をする場、仕事をする場、仲間と楽しむ場・・・、あらゆる側面を持っています。実社会での経験が、自分を磨いていくことになります。

知恵プロジェクトで必要なことは『知恵の場』を活用しましょう。

生きた情報を聴き、ディスカッションを行い、プロジェクトを活性化させていきます。
また、実現に向けての行動は力強さが増していきます。
チームで動くことで、数多くの仲間が生まれます。
その他に行われる講座やイベントなどでも、ヒントが隠されています。そのような機会をたくさん活用してください。

楽しさ「探究」「経験」を通じて、より良く「生きる」道を自然と歩むことが出来ます。

創る楽しさ。価値を生む楽しさ。達成する楽しさ。
人の素晴らしさ。経験の素晴らしさ。気づきの素晴らしさ。
すべてがあなたの財産となります。

社会人の方へ

向塾は、あなたが社会人として生きる道を見つめ、育み、イキイキとした未来を手に入れるお手伝いをいたします。

出会う仲間を紹介します。交流の場を提供します。

今さら塾!?
「どうしたらいいのか?」
「何をすればいいのか?」不安と期待が交差するかもしれません。
日本でも例のない私塾に集う頼もしい仲間を紹介します。コミュニケーションを取ることが出来る場を活用して、相手を知り、自分も知ってもらいましょう。安心して交流できる場を向塾は提供しています。学生と出会う場という意味では、珍しい場となることでしょう。

交流学生や他の社会人たちと積極的に交流し、考え、学び、刺激し合う。そして、多くの仲間をつくりましょう。

純粋に人と人が交流することで、世代を超え笑顔で仲間だといえる存在が出来上がります。仕事であるような、知らず知らずに損得勘定で付き合う間柄ではない関係が築けます。このようなコミュニティを持つことで、安心して過ごせる居場所が出来、心にゆとりを持てるのも嬉しいですね。

参加学生と共創する充実。新しい価値創造。

学生のプロジェクトを支援することを通して一緒につくる喜びと共に、会社や組織などにも活用できる育成力が身につきます。
社会人として、社会を舞台にしたプロジェクトを創り、新しい価値創造を楽しめる。人の役立つことの楽しさが実感することができます。

情報向塾での講座やイベントを通じて、生きた情報や体験を得ることが出来ます。

社会人、学生を問わず、多くの人から現場の情報を知ることで大切な価値観を深めていきます。この価値観は、生きていく上で指針ともなる重要な柱となります。木で例えると、根っこの部分に相当します。しっかりと根を張った価値観を手に入れることが、笑顔で過ごすことができる早道になります。

生きる仲間と「生きる」を「探究」する。

継続的に仲間いっしょに「生きる」を感じることは、充実した生活の一部となります。
仕事への向き合い方、私生活の幸福度、未来を創る考動などイキイキとした心持ちで時を過ごす基礎が創ることが出来ます。
創る過程に何があるのか!? 体験した者でしか分からない充実感を味わえます。

向塾理事長 木村 文俊

向塾理事長 木村 文俊

さぁ、向塾へ

楽しみは、会員の皆さまが「創る」行動に凝縮されています。
さぁ、向塾へ。
今と向かい合って、自分を、未来を、社会を「創る人」の集まりに参加してみましょう。

075-253-0717

ネットからお問い合わせ